>

早く対応することが重要

定期的にチェックしよう

カビが発生していないか、チェックしてください。
見つけたらすぐに落として、綺麗な状態を維持しましょう。
専用の洗剤が販売されているので、常に自宅にストックしておくことをおすすめします。
カビを見つけて掃除しようと思ったのに、洗剤がないとやる気がなくなります。
後回しにすると面倒になって、結局掃除をしなくなるでしょう。

その間にもカビが繁殖するので、洗剤をストックしてください。
洗剤の他に、重曹を使う方法も良いでしょう。
重曹は天然の洗剤なので、人体に害を与えません。
水に溶かした重曹を、カビの部分に吹き付けてください。
数分おいてから、洗い流すとカビを除去できます。
その後でクエン酸を吹き付けると、カビの予防になります。

壁に付着したカビ

お風呂場の壁が、タイル張りになっている住宅が多いと思います。
タイルとタイルが繋がっている境目の部分は、掃除しにくいのでカビが発生しやすいです。
きちんとその部分まで、掃除してください。
境目にきちんと洗剤を浸透させるためには、キッチンペーパーを使いましょう。
キッチンペーパーに洗剤を吹き付けて、タイルの境目に貼り付けてください。

その上から、もう1度洗剤を吹き付けます。
さらに剥がれないよう、ラップでカバーすると良いでしょう。
数分経過してからキッチンペーパーを剥がすと、カビを落とせるという仕組みになります。
工夫すると、掃除しにくい部分でも簡単に綺麗になります。
掃除できないから放置するのはいけません。
方法を学んでください。


この記事をシェアする